インプラントという歯科の技術は骨移植によってまた進化した

受ける前に考える

歯をおさえる患者

今日、最新歯科医療技術として広く知れ渡ってきているものに、「インプラント」歯科治療があります。「インプラント」歯科治療は、歯を喪失した際に行なわれる「入れ歯」や「ブリッジ治療」等とは、根本的に方法が異なります。「入れ歯」等の治療は、歯茎の上に義歯を置いているだけです。歯根が失われたままなので、非常に安定感に欠けます。金具等で装着されているため、口中衛生も悪くなります。結果的に、多くの歯を失うことにもなりかねません。 一方、インプラント治療は、人工の歯根を顎の骨に植え込みます。その上に、歯冠を被せます。顎の骨に直接埋め込まれているので、安定性があります。噛み合わせも良くなり、本来の自分の歯を取り戻した感触を得ることが出来るのです。 このインプラント治療を受けるためには、十分な「顎の骨」の厚みが必要となります。骨の厚みが十分でないと、噛み合わせの力に耐えることが出来ません。これは、インプラントの寿命を短くすることにつながります。治療を受けるには、十分な骨量が必要なのです。

「インプラント」治療を受けるには、十分な骨量が必要です。顎の骨が十分か否かは、検査を受けてみないと分かりません。検査の結果、骨量が不十分な方は数多くいます。このような方達の場合は、「骨移植」を行なうことで治療が可能になります。顎の骨量を増やすために自分の身体から骨を採取し、移植を行なうのです。 「骨移植」と聞くと、怖いイメージが伴います。しかし、「骨移植」技術は、医療の現場でも歴史があり、安全性が認められています。決して、危険な治療ではないのです。 この「骨移植」の技術により、今日では多くの方がインプラント治療を受けられるようになりました。骨量が少ないからと言って、諦めなくても良いのです。安全性が確立されている「骨移植」を行なうことで治療が可能になり、より自然な「歯」を手に入れることができるのです。